音楽情報処理実習

(2022年度版) 暫定

お知らせ

スケジュール (授業開始時まで内容が修正される可能性があります)

  1. MAXのデモと実習の説明
  2. MAXの基本操作(LED/MIDI)
  3. シーケンス制御
  4. サウンドのハンドリング
  5. Max patch 保守系 tips
  6. 楽音合成(シンセサイザ) (第一回目制作物提出)
  7. メロディ生成(乱数、スケールの利用)
  8. 自由課題の策定
  9. 基本設計
  10. 詳細設計
  11. デバッグとパラメータ調整
  12. インタフェース作成と仕上げ
  13. 制作物操作マニュアル、レポートの作成(制作物提出)
  14. 制作物発表と講評

Last updated: 2022.3.17
Administrator: Haruhiro Katayose